【JavaScript】オブジェクトとは【基本】

オブジェクトとは、「複数のプロパティを持つデータのまとまり」のこと。

それぞれのプロパティにはデータが保存されているので、言い換えれば「各種データをひとまとめにし、一つの変数として扱えるデータ」になる。

オブジェクトの作り方

オブジェクトを作成するには波カッコ { } を使う。

配列と同様に、一般的には作ったオブジェクトを変数に保存するので、次のような書式になる。

let 変数名 = {};

// *配列と同様に、変数だけでなく定数(const)で定義することもある

オブジェクトの作成時にプロパティ名とデータも登録する場合は、次のような書き方です。

let 変数名 = {プロパティ名1:データ, プロパティ名2:データ, プロパティ名3:データ, . . . };

プロパティとプロパティの間はカンマで区切り、最後の「プロパティ名:データ」にはカンマがなくてもOKです。

オブジェクトのプロパティとは

オブジェクトのプロパティとは、プロパティ名とそこに保存されたデータのセットを指す。

  • プロパティ名を指すときは「プロパティ名
  • 各プロパティに保存されているデータを指すときは「データ」もしくは「

と呼ぶ。

プロパティの個数について

プロパティの個数には配列と同様に制限がありません。

プロパティの書式について

1つのプロパティは、プロパティ名と保存しておくデータをコロン(:)で区切って登録する。

プロパティ名前 : データ ;

オブジェクトからデータを読み取る・書き換える

配列からデータを読み込むときにはインデックス番号を使いましたが、オブジェクトにはインデックス番号がありません。

その代わりにオブジェクトではプロパティ名を使います。

オブジェクトの読み込みには2つ方法があり、一つはオブジェクト名(代入した変数/定数の名前)とプロパティ名をドットでつなぐ方法。

オブジェクト名.プロパティ名

もう一つはプロパティ名を [] で囲む方法。

オブジェクト名['プロパティ名']

[] で囲む方法の注意点として、シングルクォート(またはダブルクォート)でも囲む必要があります。

要は、プロパティ名を文字列として指定しなければなりません。

プロパティのデータを書き換える方法は以下になります↓

// 1番目の書式だと
オブジェクト名.プロパティ名 = 新しいデータ;

// 2番目の書式だと
オブジェクト名['プロパティ名'] = 新しいデータ;

オブジェクトを使った例文

例として、変数hogeに代入したオブジェクトの値を使ってコンソールに文字列を出力してみます。

See the Pen Object by nkmr (@nkmr_whoo) on CodePen.

↑のCODEPENには何も表示されていませんが、デベロッパーツールでコンソールを見ていただくとオブジェクトの中のデータを使った文字列が表示されていると思います。

「この文字連結はなんだ??」

って方は過去記事のテンプレートリテラルも参考にしていただければと思います↓

JavaScript 初心者にはコチラが分かりやすかったです▼